LINEPay

LINEPayの特徴やメリットを解説

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

若者に人気のメッセージアプリ「LINE」が展開するスマホ決済サービス「LINEPay」。LINE自体のユーザー数が多いことに加えて、様々な機能との連携に特徴を持っています。

スマホ決済アプリを新しくインストールしなくても、LINEアプリで全て完結するので、面倒なことがありません。

今回はLINEPayの特徴やメリットを解説します。

 

 

LINEPayの基本的な仕組み

LINEPayは「LINE」アプリ内に組み込まれているサービスの1つで、アプリを使った決済から、送受金までできるサービスとなっています。

 

スマホ決済に関しては「QRコード」と「バーコード」を採用しており、決済方法にはクレジットカードとコンビニでの現金チャージがあります。

 

現金をチャージすれば、ユーザー間でのお金のやりとりが可能となるので、割り勘などをするときに便利です。

 

LINEPayの特徴① 現金チャージ可能

スマホ決済サービスだと、主にはクレジットカードを登録して、利用金額の決済を行うというのがありますが、それではクレジットカードが持てない人は利用できないことになります。

 

LINEのユーザー層を考えても、クレジットカードを持てない10代のユーザーにとっては、現金チャージが使えるというのは、大きなメリットであり、ユーザー獲得に大きく貢献しています。

 

若者を中心に人気のあるLINEらしい特徴といえます。

 

LINEPayの特徴② キャンペーンが豊富

LINE独自のSNS機能やメッセージ機能を使った情報発信がスマホ決済サービスにも生かされています。

LINEPayでは、お得なキャンペーンを繰り返し展開しており、この傾向はまだまだ続くことが考えられます。

 

キャンペーン目当てでスマホ決済サービスを選ぶ人にとっては、メリットの大きいサービスと言えます。

 

LINEPayが使えるお店は?

LINEPayが使える場所としては、主に「コード決済」「オンライン決済」「請求書支払い」の3つがあります。

 

それぞれの使えるお店は以下のようになっています。

 

「コード決済」

「オンライン決済」

「請求書支払い」

コンビニでは、セブンイレブン以外の大手コンビニで使えますし、その他にも家電量販店や百貨店などでも使えます。

 

まとめ

LINEPayは、LINEアプリ自体をダウンロードしている人も多いと思うので、使い始めるまでが非常に簡単にできます。お得なキャンペーンも盛りだくさんですし、送受金機能なども便利なので、LINEを頻繁に使っているひとにおすすめです。

-LINEPay
-,

Copyright© 節約リッチパパ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.